スポーツ障害が改善しない理由とは?

お悩みタイトル

  • 野球部で毎日練習しているうちに肘に痛みが出るようになった
  • サッカーのし過ぎで膝の前側が痛くなり水が溜まってきた
  • ラケットを振るだけで首や手首に負担がかかる
  • 痛みはないが肘が曲がってしっかり伸びない
  • このまま運動を続けると悪化すると言われた

スポーツ障害とは?

スポーツ障害とは?

「スポーツ障害」とは、その名の通りスポーツをすることによって起こる障害のことで、使い過ぎ症候群とも言われます。
身体にかかる負担が大きすぎ、痛みやしびれなどの症状が慢性的に起こるのです。

この障害は特に成長期の子供に発症します。
その理由は部活動などで練習時間が長い上、成長期で骨がまだ完成されておらず、継続的な圧力や牽引によって変形したり傷ついたりしやすいからです。

また、スポーツ障害に似たものに「スポーツ外傷」があります。
障害が継続的な負荷によって起こる疾病の一種なのに対し、外傷は突発的な衝撃によるケガを指します。

・スポーツ障害

野球肘、テニス肘、オスグッド・シュラッター病、シンスプリント、アキレス腱炎、疲労骨折、腰椎分離症、ジャンパー膝など

・スポーツ外傷

骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、打撲など

この二つには密接な関係があり、切り離して考えることはできません。
運動で関節や筋肉、靭帯に負担がかかっているとケガ(外傷)しやすくなりますし、ケガを繰り返すことで障害が起きやすくなるからです。

スポーツ障害が改善しない理由

スポーツ障害が改善しない理由

スポーツ障害を起こして整形外科や整体で治療を受けても、なかなか改善しないことが多く、中には疲労骨折を起こしたり、手術しても1年以上復帰できないこともあります。

理由の一つは、部活動やクラブを休むとレギュラーになれない、仲間に置いて行かれる、といった危機感があるため、身体に無理をかけ続けてしまうからです。

また、準備運動やクールダウンを充分に行なわないと、筋肉や靭帯を傷めやすくなります。
特に中高年は単調な準備運動やクールダウンを面倒がる傾向があるため、いくら治療しても負担が蓄積されてしまうのです。

もう一つの大きな原因は、受けた治療の方法にあります。
湿布薬や鎮痛薬は痛みを一時的になくすだけですし、マッサージや整体の多くは患部への施術のみです。
どちらも、なぜスポーツ障害を起こすか、というところまで踏み込んだ治療ではないため、再発しやすくなるのです。

▲ページの先頭へ戻る

浦和コルソ院の施術プラン

   

こんなお悩みも浦和コルソ院で解決!

あなたの身体のお悩みを、当院が解決いたします。

常に技術の向上
努めています

口コミNo.1

くまのみ整骨院・整体院グループは、成長するために常に技術の向上に尽力しています。 トップアスリートのトレーナーの経験を持つ技術のプロによる指導がされているため、技術力には自信を持っています。 慢性的なお悩みから、急性的な痛みまでお任せください。

\ 土日祝日営業 /

今すぐかんたん予約

くまのみ整骨院浦和コルソ院のご案内

【住所】〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1丁目12−1 浦和コルソ 2F
【電話】0120-440-051

くまのみ整骨院浦和コルソ院景観
受付時間日・祝
10:00 ~ 20:00
当院までの地図

○JR浦和駅西口から徒歩1分

○コミュニティプラザ・コルソ(浦和コルソ)2F

○浦和駅から中ノ島地下通路をご利用いただくと雨にも濡れません

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

お車でお越しの方
駐車場はございません。提携駐車場をご利用ください。 (当院は駐車サービス対象外店舗となります。)

詳しくは下記URLよりご確認ください。
https://urawa-corso.com/guide/parking.jsp

電話番号:0120-440-051

くまのみ整骨院グループ

お気軽にお問い合わせください
  • 0120-440-051

    受付時間内での受付となります。

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る